●ミョウバンは最も古いデオドラント剤
ミョウバンはご存知のように、日本では漬物の発色剤や麺のかん水として広く使われている食品添加物で、スーパーや薬局で売られています。

ミョウバンとは何か、というのは、一言で説明するのは難しいのですが、簡単に言うと、カリウムやアンモニウムなどの金属とアルミニウムなどの金属が硫酸塩の形で結合した複合塩の総称です。

現在市販されているものは、メーカーが工場で合成したものですが、自然物としても採取されます。別府のミョウバン温泉は有名ですし、古代ローマ人は、制汗剤として日常的に使っていたといわれます。つまりミョウバンは世界最古のデオドラント剤でもあるのです。シーザーがクレオパトラと愛を語る時、ミョウバンをワキに塗ってからでかけた様子を想像すると楽しくなりますね。

ヨーロッパでは、このミョウバンが結晶となった天然塩を「アルム石」と呼んで、古くからデオドラント剤として使用していました。現在は日本でも天然アルム石に、殺菌作用のあるフェノール等の化学物質を配合し、自然に近いデオドラント剤として販売されています。

●ミョウバンが体臭に効<メカニズム
なぜこのミョウバンに体臭予防効果があるか説明しましょう。
まず第一に、ミョウバンは水に溶けると酸性になるということです。ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的にニオイが抑えられるのです。制菌作用にとどまらず、より積極的な殺菌作用もあるようです。

第二に、収れん作用、つまりミョウバンの制汗作用です。ニオイ成分の含まれた汗を抑えられれば、当然ニオイも抑えることができます。ところが、このミョウバンの制汗のメカニズムはあまりよくわかっていません。

アルミニウム塩が汗腺の導管周囲に炎症を起こし、導管を閉塞させるのではないか。ジェル状になったアルミニウム塩が導管に入って出口を塞ぐのではないか。または汗腺の導管部の透通性が高まり、汗を再吸収してしまうのではないか。さらにはミョウバンのタンパク質変性作用で表皮の角質が角化するからではないか、など様々な説があります。おそらくそのすべてが制汗に関わっているのでしょう。

第三は、皮膚上で作られたニオイそのものを消臭する作用です。ミョウバンには様々な金属が合まれていますから、酸化還元反応による金属消臭が行われたり、ニオイ成分の中和による消臭も行われます。

特に、ミョウバンは酸性なので、アルカリ性のニオイ成分であるアンモニアに対する消臭作用は特異的で、汗臭さを抑えるのには非常に有効です。

●ミョウバンの上手な使い万
さて、それではこのミョウバンのデオドラント剤としての上手な使い方を説明しましょう。

一番簡単な方法は、ミョウバンの粉末を直接ワキの下に塗布することです。焼きミョウバンならすり鉢で擦って粉にしてから塗布します。汗を抑えたい場合には、これだけでも効果はあります。

しかし、上記のミョウバンの酸性という性質を利用するなら、水に溶かした溶液をスプレーなどで吹き付けるのがより効果的です。

ミョウバン水の作り方は簡単です。市販のミョウバン(50g)を、1.5リットルのペットボトルに入れ、水道水を注いでフタをしてよく振るだけです。ミョウバンが溶けない場合には、1日そのまま放置すると、溶解して透明の液になります。

これをガーゼに況して、ワキの皮膚を拭いたり、スプレー器に入れ直接皮膚にスプレーするのもよいでしょう。皮膚にスプレーされた水は蒸発してミョウバンが残り、皮膚が弱酸性に保たれます。

より消臭作用を強くしたい場合には、水遠水の代わりに濃い目の緑茶で溶かします。緑茶のカテキンには強い植物消臭作用がありますので、相乗効果が期待できます。さらにその中にレモン汁をたらしてもよいでしょう。レモンの香りがマスキング効果をもたらすのです。

この原液は、冷蔵庫の中に保存するなら1ヵ月近くもちますが、高いものではありませんから、1~2週間に1回程度新しいものを作るのがよいでしょう。

さらに、原液を30~50ccくらいお風呂に入れて、ミョウバン浴をするのもよいでしょう。ニオイだけでなく、子供のアセモやアトピーにもよいようです。ただ、あまり濃くすると、酸性の作用でお風呂の金属が傷むことがありますので注意しましょう。

以上のように、ミョウバンは最も古く、最も安く、最も身近で安全なデオドラント剤といえるでしょう。

ただし、何事もそうですが、いくら安全といっても体全体にスプレーしたり、顔に吹き付けたりはしないようにしてください。体全体に使用すると、発汗作用を抑制して体温調節に影響することもあります。

また、人によってはかぶれることもありますので、自分の皮膚にあった濃度のものを使用することが大切です。






このページの先頭へ