私たちの体には、皮脂を分泌する皮脂腺があり、その中には「パルミトオレイン酸」という脂肪酸か含まれています。このパルミトオレイン酸が年齢を重ねると増加するのです。また、加齢とともに増えるのが過酸化脂質。そして、これらの2つの物質が結合することで「ノネナール」という臭い物質かできるのです。このノネナールが加齢臭の原因です。

しかし、過酸化脂質が増えるのは活性酸素か体内で増加したときですから、活性酸素を除去できれば過酸化脂質が増えるのを妨げることかできます。

そこで、役立つのがバラエキスです。バラにはポリフェノールがたっぷり含まれています。実は、ポリフェノールには非常に強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあるからです。さらに、ポリフェノールの一種であるタンニンは、汗そのものを抑えてくれる作用も併せ持っているといわれています。加えて、バラにはビタミンCも豊富。ビタミンCにも抗酸化力があることが分かっています。つまり、加齢臭をも抑える確かな裏付けかあったのです。






このページの先頭へ