背中に大量の汗をかく、という方もいるのではないでしょうか。

しかし、背中というのは基本的に汗の量が多い箇所なのですね。

というのは、背中は人の胴体のかなりの割合を占めています。

そして、人の胴体は、心臓などの非常に大切な内臓が多く詰まっています。

そのため、この箇所を一定の体温に維持することは非常に大切なことなのですね。

体温が上昇しすぎてしまうと命取りになります。

ということから、背中だけでなく胸も汗を大量にかく箇所になっています。

しかし、いくら基本的に汗が多いと言ってもやはり限度というものがありますね。

通勤のたびに、シャツがびしょびしょにぬれるようではたまりません。

背中は、このように汗が多い箇所ですが、この箇所が汗を異常にかくという場合は体温を調節する機能が弱くなっていると思われます。

例えば、ほとんど運動をしなかったり、エアコンだけに頼っていたりして、汗腺が働かなくなっていると、少し体温が上昇しただけでも大騒ぎになるかもしれません。

そのため、背中の制汗対策としては、運動不足を無くすことやエアコンにできるだけ頼らないということが考えられます。

栄養のバランスにはもちろん気をつける必要があるし、十分に水分も摂るようにする必要があり、睡眠もしっかりとることが必要なのは言うまでもありません。

その他には、一般的な対策として着替えを行うためのシャツを用意するくらいのものでしょうか。

背中の汗の場合は制汗剤を使用しにくいし、拭くのも困難な箇所でもありますからね。



このページの先頭へ