足の裏においても、手のひらの多汗症と同じように大量に汗が出る多汗症があります。

足の裏が多汗症になってくると、靴の中がいつも湿っているのでいやな臭いの原因にもなてくるし、また衛生面においても大変問題になりがちです。

では、足の裏の多汗症の対策としてはどのような制汗対策の方法があるのでしょうか?

この足の裏の制汗対策としては、紙で作られている中敷を使用する方法があります。

このような紙で作られている中敷の中には、脱臭機能や抗菌機能を有するものも売られています。

そのため、雑菌が繁殖することを防止することができるため、靴にしみ込んだ臭いや足の汗の臭いを防止することができます。

このような紙で作られている中敷の場合には、汗の中に含まれているいやな臭いの元になるガスなどの吸収も行ってくれるようです。

紙で作られている中敷の厚さは、大体1ミリくらいです。

薄いため、あまり窮屈にはなるようなことはないと考えますが、中敷を使用する際には靴に中敷を入れてもちょうどいいものを購入するといいでしょう。

紙で作られている中敷は、使い捨ての方式のためにいつでもきれいな状態で使うことができます。

通気性を良くするために、加工が波型にされているものなどもあり、足の蒸れを防止する効果も期待できます。

足の裏の制汗対策として、気軽に利用することができ、対処を行うことができる方法ですが、足の裏のいやな臭いの解決に対しても効果も期待することができます。






このページの先頭へ