よい汗と悪い汗の見分け方


悪い汗 ・ベトベトする ・粒が大きくて流れる ・汗臭い ・しょっぱい、すっぱい ・かぐと疲労感かある    よい汗 ・さらっとしている ・粒が細かい ・におわない ・昧がしない ・かぐとスッキリする



普段かく汗には、よい汗と悪い汗がある


暑いときにかく汗は、全身のエクリン腺という汗腺から出ます。 この汗は、通常は水分が主成分なため水のようにさらさらでにおいがなく、小粒で蒸発しやすいのが特徴です。これがよい汗です。ところが、汗をかかずにエクリン腺の機能が低下すると、水分以外の成分が多く出るためベタベタする、大粒の汗をかくようになります。これは悪い汗です」 悪いヽ汗は蒸発しにくく、体温が下がりにくいためさらに汗をかくという悪循環をもたらします。また、悪い汗はミネラルを多く含むため、大量にかくと夏パテや熱中症の原因にも。アンモニアなど・・・






このページの先頭へ