節電はよい汗をかくチャンス


「能動汗腺の機能を高めるには、汗をかき慣れることがいちぱんです。ですから、節電のため家庭やオフィスで冷房を控える今年の夏は、衰えた汗腺を鍛える大きなチャンスです」 汗腺は、使わないと数が減って機能も衰える反面、使えば再び数が増えて働きもよくなる性質を持っています。 この夏こそ、衰えた汗腺を鍛え直し、汗とにおいのトラブルにサヨナラしましょう。



汗のかかない現代人が増えている


においに汗じみ、何かと悩みの種になる汗。そもそも、人はどうして汗をかくのでしょうか。 「それは、気温の変化に関係なく体温を一定に保つためです。暑かったり、運動して体温が上がったりすると、人は汗をかき、それを皮膚のhで蒸発させることで体熟を外に逃がします。ところが、最近は至るところに冷房が普及し、夏でも汗をかかずに過ごす時間が長くなりました。このため、体温調節という大切な役割を果たす汗腺、いわゆる能動汗腺の数が減少し、上手に汗をかけない人が大変増えています」 本来、汗の成分はほとんどが水分ですか、・・・






このページの先頭へ