私は頭から顔にかけて異常に汗をかきます

私は頭から顔にかけて異常に汗をかきます。それで化粧がすぐにくずれてしまい、いつも恥ずかしい思いをします。薬などを飲まずに一時的に汗を減らす方法はありませんか。

化粧くずれを完全に防ぐほどの効果はな
いかもしれませんが、一時的でよいのでしたら、人前に出たときになどに、両手の指で同時に両側の乳房の上あたりの皮膚を強く痛いほどつねってみてください。その部分から頭までの発汗が、一時的に減少するはずです,、

この現象は、胸の上部の一側を圧迫すると、その側の顔から胸にかけて汗が抑制されるという「皮膚圧 発汗反射の原理」を応用したものです。両側同時に圧迫すれば、上半身両側の汗を抑えることができます。

辛い食べ物と汗とは関係はどうか?

 私は辛いものを食べ始めるとすぐに顔中に汗をかいて、ハンカチで拭いても拭いても流れ落ちて止まりません。辛い食べ物と汗とは関係があるのですか。

 あります。発汗には温熱性発汗と精神性発汗以外に、酸味や辛味などの味覚刺激によって顔面に発汗が起こる「味覚性発汗」があります。ですから、辛いものを食べると顔に汗をかくことは当たり前のことです。

なかには辛いものを食べて異常に汗をかいた以前の記憶が予期不安となり、辛いものを想像したり、ちょっと食べただけでも多量の汗をかく人がいます。この場合は味覚性発汗だけでなく精神性発汗も加味されていることになります。

肉類と発汗とは関係とは?

 私は肉料理が大好きなのですが、悩みはステーキなどの肉類をたくさん食べると、全身に汗をかいて止まらなくなることです。肉類と発汗とは関係があるのですか。

 十分関係があります。ロから入った食物は、消化管で消化吸収され、肝臓でエネルギーに変えられますが、その際に熱が発生します。この熱の発生量は食物によって異なり、タンパク質の場合、糖質などと比べて、およそ5倍も多くの熱を変生します。したがってタンパク質を多く含む肉類をたくさん食べると体温が上がり、そのために汗が出やすくなるのです。

汗を大量にかくことによって本当にやせる?

 エステの宣伝に、発汗減量法というのがありますが、汗を大量にかくことによって本当にやせることができるのでしょうか。

 たとえば、サウナに一時間以上も人っていたりすると、一度にーリットル以上の汗をかくこともまれではありません。当然のことですが、直後に体重計にのると1㎏も2㎏も体重が減少していることがあります。

だからといって、このような形での発汗を続けて、健康的にやせることができるとは限りません。

なぜなら一時間にーリットルも2リットルもの汗を急激に出すことは、体内では一時的に脱水状態になったことを意味するからです。脱水が生じると血液量の減少や濃縮が起き、血液の粘度が上がります。血流の抵抗が増えるので、血管や心臓などに負担がかかり、結局は、脱水した分だけの水分を補給しなければならなくなります。

結局、必要なだけの水分をとると、体重は元にもどるわけです。ですから、たとえこのような方法で体重が減少したとしても一時的なもので、それは健康的な減量とはいえないでしょう。

私は汗かきで困っています

 私は汗かきで困っています。できるだけ水分をとらないようにしていますが、効果はあるでしょうか。

 あなたが精神性発汗によって汗をかくタイプでしたら、飲む水の量をいくら減らしても汗の量は減りません。遂に、通常の健康状態で大量の水を飲んでも、それは汗よりも尿として排泄されるため、生理的な汗もそれほど増えません。

しかし、水ではなくてミネラルや塩分などを多く含むスポーツ飲料などを多量に飲むと、血液中の塩分濃度が高くなり、むしろ汗が減ることがあります。

夏の暑いときに外を歩き回って脱水状態になった場合でも、汗が多く出るのではないかと水分をとらずに我慢している人がいますが、熱パテや熱射病の原因となり危険です。適度の塩分を含んだ水分を補給しましょう。