汗のいや~な臭いの予防方法

汗の臭いを気にされている方は多いと思います。しかし、汗は最初から臭うのではありません。時間が経って、その汗に皮脂や垢が混ざり雑菌が繁殖することで、体臭が徐々に発生し、その目安は1~2時間だと言われています。

では、どうやってその臭いを抑えるかですが、いちばんオーソドックスなのは、制汗剤(デオドラント)を使う方法です。制汗剤には、主に、汗の量を抑える効果と、汗の中の雑菌が繁殖しないようにする効果の2つがあります。制汗剤は自分の体臭の強さによって選択すれば良いですが、特に臭いが気になるようであれば、スティックタイプの殺菌作用が強いものがオススメです。

また、コマメに汗を拭くのも悪臭防止に効果があります。前述のとおり、1~2時間で汗は臭いを発生させますので、汗をかいた後は、その時間内にタオル等で汗を拭き取ることが大切です。ただし、乾いたタオルを使用すると表面の汗をすべて拭きとってしまうことになり、乾いた肌をふたたび潤そうと、余計に汗が出てくる恐れがあります。したがって、汗を拭き取る際は、すこし濡れたタオル等、適度に水分が残ったもので汗を拭き、肌の汗がすべてなくならないようにすることが重要です。

 汗をまったくかかないことは不可能です。これから汗が気になる季節となりますので、汗と上手に付き合い、しっかりと汗対策をおこないましょう。

入浴時の体の洗い方に注意しましょう

悪臭は体に悪い菌が繁殖して、汗となって体外に放出されるためにおこるとされています。反対に体に良い菌は肌を守り、悪臭を放つようなことはありません。日中汗をかいたので、入浴時に石鹸やボディソープ等で体をすみずみまでゴシゴシと力を込めて、洗っていることが多いと思います。

特にデリケートな部分は何度も念入りに洗ったりすることは当然のことでしょう。汗を洗い流しているという実感がありますし、体を清潔に保つことができたという満足感もあるでしょう。しかし、この洗いすぎは間違いなのです。洗いすぎることによって体に良い菌が必要以上に洗い流されてしまうために、悪い菌が繁殖する機会を作ってしまっているのです。

その結果、臭いを取るために入浴しているのに、実は肌の状態を悪くさせているのです。では、どの様にすれば、改善することができるのでしょうか。まず、湯船に体を浸して、表面に付着している汗を軽く洗い流します。体が温まったら、できるだけ刺激の少ない石鹸やボディソープを手に取って、タオルやスポンジを使用しないで、手だけで体を洗います。

何か物足りなくて、不潔な気がしますが、体にも適度の脂分やさきほどの良い菌が必要なので、そのためにも手だけで優しく体を洗うようにしてみて下さい。個人差はあると思うのですが、意外と効果的であると思います。

食べ物に気をつけつつ、汗腺をきたえる

人間の汗は、アポクリン腺というとこから分泌されるもので、体質によっても個人差はありますが、どうしてもかいてしまうものです。しかし、汗そのものには、さほど臭いはないと言われています。汗をかいたときに感じる、くさい臭い、あれは雑菌などの繁殖によって臭いを発しています。

汗の臭いを抑える対策として、まず食生活では、肉類や脂っこいも、辛い物などをなるべく食べないようにすること。動物性脂肪や香辛料などはやはり臭いを発しますし、汗をかきやすくなり、汗腺が活発になってしまいます。

その他、下着に消臭効果のある衣類を着たり、可能ならばかいた汗をそのまま放置せずに着替えることが悪臭が体に染みつかないようになると思います。

また、汗にも質があり、良い汗と悪い汗があり、普段から適度な運動などで汗をかくようにしている人は、汗腺が鍛えられているので、臭いも少ないと言われています。汗腺の機能が高い人は、汗に含まれるミネラル分が再び吸収されるので、さらっとしたあまり臭わない汗になるのです。

つまり、汗腺の機能をトレーニングで向上させていくことも方法の一つだと思います。人間は、寝ているときに想像以上に汗をかくと言われています。ですから、朝起きたときに、シャワーをあびる習慣を作ることができれば、少しでも汗の臭いを和らげることができるのではと思います。その他、 こまめにドラッグストアで手に入る使い捨てにの汗ふきシートなどを
取り入れるのも場所やシーンによっては、良い手段になるでしょう。

酢のお風呂で悪臭汗予防

わたしが1番効果があった悪臭汗対策は、酢を入れたお風呂に入ったり酢を飲むことです。クエン酸が体臭が強くなる原因を排出しやすい体内環境を作ってくれるそうです。入浴方法はお湯をはった浴槽に約100ml程度の醸造酢をいれて体を温めるだけです。まず血流が良くなるだけでも代謝が促進され嫌な体臭を抑えられます。

そして酢を入れた弱酸性のお湯が体臭の原因になってしまう雑菌の繁殖を抑えてくれます。お風呂に酢、というと少し抵抗があるかもしれませんが、かなり薄まっているので普通のお風呂とあまり変わらずに入れると思います。より効果があるのは木酢液です。普通の酢に比べて、より殺菌や消臭作用が強いです。木酢液であれば約30ml程度で効果があります。

これで外側からケアをして、内側からも対処する方が効果的です。食用の酢なら何でも大丈夫なので酢を飲みます。リンゴ酢や梅の酢など飲みやすいものでも大丈夫なので続けやすいと思います。クエン酸が代謝を活発化させてくれることで体臭の原因を解毒してくれます。わたしはこれで次の日から自分の汗の臭いが気にならなくなりました。お風呂に酢を入れての入浴は毎日はできていないですが、酢を飲むだけでも対処できています。

悪臭の汗の原因と対処法

汗ばむ季節が近づくと汗のニオイが気になる、という方もいるのではないでしょうか。汗ふきシートを常備し、毎回使用しても改善されないという方は、普段の食事や体内環境を変える事で改善することができます。悪臭の汗は、肉や脂っこい食事を多く摂ることや体の代謝がうまくおこなわれず、体内に毒素がたまっていることが原因だと言われてます。

この悪臭の汗を改善するには食事に気をつけ、体の代謝を良くすることが大事です。食事は刺激物やアルコール、肉を控える事で効果があります。特に肉に多く含まれるたんぱく質や脂肪はニオイが強くなりがちです。逆にビタミンを多く含んだ野菜はニオイを抑える働きをしてくれます。体の代謝を良くする方法としてはデトックスがあります。簡単にできるデトックスは、入浴前に水を多めに飲み、熱めのお湯に入って汗をたくさんかく事です。

この時、心臓への負担が大きくなってしまうので、お湯の量は必ず心臓より下にします。また腸の調子も整える事がデトックスにつながるので、ヨーグルトなどの乳製品を積極的に摂る事で体内環境を良い状態へすることができます。ただし、チーズやバターなどの脂質の多い乳製品は、逆に悪臭の元となってしまいます。悪臭は体内環境が整っていないサインです。病気へとつながる前に健康的な体を保つよう、毎日の食事を少しずつ変えてみませんか。

悪臭のする汗の原因と対策

汗の嫌な臭いを気にする人は多いと思います。
そもそも汗というのは本来無臭のものなのですが、様々な理由で臭いを発生させます。
たとえば皮膚の表面に雑菌などが付着していた場合、汗と混ざり分解されることであの嫌な臭いを発生させます。

また運動不足の人が汗をかいた場合、普段汗をあまりかかないことが原因で汗がアルカリ性に傾き雑菌の増殖を抑制する弱酸性を弱めるので少しの汗でも臭いを発生させます。
他にもお肉などを食べ過ぎると汗の臭いがきつくなるとよく言われていますが、これは皮脂と汗が混ざり合うことで臭いを発生させます。

肉食な方は皮脂の分泌量も多くなるので結果汗の臭いもきつくなります。
対策としてはまず身体全体、特に汗をかきやすい脇や足などを清潔に保つことです。
入浴時にきちんと洗うのはもちろんですが、外出先でも制汗スプレーやシートを使って常に綺麗にしておきましょう。

また適度な運動も重要ですので、小まめにウォーキングなどを行って汗を定期的にかくように心がけてください。

そうすることで健康的な汗がかけるようになりますので悪臭も予防できます。
さらに食事もお肉ばかりではなく野菜や炭水化物などの食材もバランスよく食べるようにしましょう。
食事に偏りを作れば汗の臭いもきつくなりますので出来る限り気をつけるようにしてください。
小まめな工夫を毎日行うことで悪臭のする汗は自然と改善していくので面倒だとは思わずに根気強く行いましょう。

日常で気をつければ臭いはなくなる

自分でも感じる事のある自分の悪臭。私がよく感じるのは、焼肉を食べた次の日です。お肉の食べ過ぎはワキガの成分に似た悪臭を発生させるようです。冬場はあまり汗をかかないので気にせず食べていますが、じめじめした梅雨から汗をかく夏場はお肉をなるべく控えています。また、悪臭はワキからだけじゃなく頭皮からも臭います。

自分ではシャンプーや整髪料などで良い香りがするつもりでも、実は夏場の頭皮は雑菌が増殖しやすいそうです。良く洗ったつもりでも皮脂や整髪料が落とせていないのが原因だったり、食生活の乱れやストレスによって悪臭がでるそうです。汗をかい夜は朝シャワーをあびるか、手軽に頭皮を拭けるシートがあるのでそれを使うといいです。

私の実感としては運動を定期的にするようになってからは、臭わなくなったと思っています。それまでは、脂汗のようなベタベタした汗をかいていました。夏場は、自分のワキの臭いが気になって水道で洗う事もありました。しかし、1年ほど前から週2回2時間程度のスポーツをするようになってからベタベタした汗をかかなくなり、体臭も気になりません。やはり、運動をして汗をかくことと規則正しい生活が大切なのだと実感しています。

汗をかいても臭いが気にならないようにするには?

まずは清潔を保つこと。お風呂やシャワーでその日の汗や疲れを全て流してしまいましょう。ただし、こすりすぎるのは皮膚に負担をかけるようですので、いたわってあげるような気持ちで全身を洗います。
脇汗の臭いが気になるの場合は、デリケートゾーン用の石鹸や洗浄オイルを使うのも良いかもしれません。念のため商品説明を読んで、脇に使えることを確認しておいてください。このような商品の中には足裏などに使えるものもありますから、足の臭いが気になる方にもおススメです。

また、タバコやお酒をよくたしなむ方は少し控えめにしてみるといかがでしょうか。
恐らく数本数が多い方だと思いますが、体臭自体がタバコ臭の方が時々いらっしゃいます。喫煙人口も少し減ってきていますからタバコの臭い自体を嫌がる方もいますのでご注意を。

また、欧米の方は体臭を消すためにきつめの香水を使うと聞いたことがあります。
もともとの体質もあるかもしれませんが、本来欧米食と日本食にはかなりの違いがあったはずです。
特に忙しい方にとっては食事をいきなり和食に切り替える、などは難しいかと思いますので、薄めの味付けを心掛けたり、1週間のうちの和食の回数をちょっと増やすところから始めてみてはいかがでしょうか。

最後に、制汗剤です。
約20年前は缶に入ったスプレー式の制汗剤全盛期でした。体育の授業後、着替え室でみんながスプレーを使い始めあたりが白っぽくなってむせることもしばしば。
しかし、最近はロールオンタイプやクリームタイプがより発汗や臭いを抑えると宣伝しているようです。
でも、発汗を止めるという事自体は良いことなのでしょうか。
そこで私がおススメしたいのは、汗をかいたら化粧室に行き、まずミニタオルでもなんでも構わないので汗を拭きとり、パウダータイプのシッカロールのようなものを気になる部分にパタパタすること。
これが最終的には一番肌がサラサラになり、汗をかいたことも臭いも忘れられるように思います。
オーガニック化粧品を扱う店では香り付のパウダーもありますので、パフ付の携帯ケースに入れておけばいつでも使えます。
ただ、洋服に粉がつかないようにご注意ください。

臭い退治アイテムについても述べましたが、やはり生活習慣の改善が一番大切に思います。
健康ですっきりした夏をお過ごしください。

汗のにおいを防ぐためには

健康に生活していれば、汗をかくことは避けられません。
制汗剤を使ったり香水をつけたり、においに対処するために様々なことを実践している人も多いでしょう。
でもまずは、汗のにおいそのものを抑えるために、日常生活から見直してみる必要があるかもしれません。
他の多くの問題と同じように、汗のにおいにも、食事と運動が関係しています。
まずは食事の内容です。

野菜よりも肉が好きでたくさん食べる、という人は要注意です。
肉を消化する過程で、においの元となるアンモニアがつくられ、その一部が汗とともに分泌されてしまうことがあります。

これは特に体調が優れないとき、腎臓や肝臓が正常に働いていないときに起こりやすいため、日頃から健康的な生活を心掛ける必要があります。

また、においの原因となる物質を排泄する手助けになるので、食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。
次に、運動不足です。

電車や自動車などでの移動、デスクワークやテレビの前で過ごす休日など、現代人は運動が不足しがちです。
しかし、これも汗のにおいの元です。

たまった老廃物や血行の悪さなども、悪臭の原因となります。
日常的に、特に有酸素運動の習慣をつけ、気持ちのよい汗を流すようにしましょう。

まとめると、バランスのよい食事を摂り不摂生せず、習慣的に運動をする、健康的な生活を送ることこそが一番の方法のようです。

汗臭さ改善と対処法について

汗のにおいの原因は汗腺の汚れが大きな原因となっています。そのため当然ですが、毎日お風呂に入りしっかりと体を洗うことが重要になってきます。また普段から汗をかく習慣がない方が急に運動等をしますと、汗腺にたまっていた汚れが一気に外へ流れ出るため匂いがきつくなることがあります。ですので汗を日常的にかくことにより汗臭さを抑える効果が期待できます。

他にも大きく関係してくるのが食生活です。基本的に肉や魚を多く食べる人は汗のにおいがきついということが言われています。改善するためには野菜を多く取るようにするのが一番効果的だと思います。また野菜だけでなく水分を多く取ることにより体の中の血液や水分の濃度が薄まりドロドロした汗をかきにくくなるとも言われています。

また汗のにおいがきつくなくても汗を食料とする微生物が存在するためその微生物の排泄物が匂うという事例もあります。体は臭くなくてもこれにより服に匂いがつくことがありますので、周りから見たら汗臭いと思われてしまうこともあります。ですので汗をかいたらしっかりと服を洗濯することも大事になってきます。おすすめな方法としましてはスーパー銭湯などにいきサウナで汗をかきしっかりと体を洗うことによりかなり改善されるのではないかと思います。

汗が臭いと感じたら要注意です

汗をかくと汗臭くなってしまって気になる方は多いと思います。暑い時に運動やお仕事をしたら汗が出るのは当たり前です。ですが、その汗が異様に臭いのは問題です。周りの人達にも迷惑がかかりますし、変な噂をたてられてしまうこともあるかもしれませんので注意しておきたいものです。なぜなら、本来汗というのは無臭だからです。

悪臭の汗が発生する原因として、皮膚についた汗を放置することによって皮膚常在菌が繁殖してしまうということがあげられます。これを防ぐためにはデオドラント製品などを使ってあげるのも効果的ですが、基本的には汗をかいたら小まめにタオルで拭いてあげること。日ごろからきちんと入浴、シャワーで清潔にしておくことが大切です。

その他にも汗の悪臭の原因として内側からくるものも大きいです。実際に口から体内に取り込むものによって、体から放出される臭いも変わります。例として、ドラッグなどの常習者からはちょっと変わった悪臭がするとも言われています。肉に偏った食生活では汗が臭くなるとも言われていますが、脂肪分によって皮脂量も増加しますし、肉を食べることによって汗の量も増えます。食べ物を野菜中心のものに変えると体臭も少なくなるし健康的で一石二鳥です。

お肉や脂肪を控えて悪臭撃退。

お肉や脂肪分の多いものを食べると体臭がひどくなるそうです。昔、忍者は自分の体臭で存在に気付かれることが無い様に決して体臭が強くなる肉は食べることが無かったと言います。この話にもある様に、食べたものの臭いはそのまま体の臭いに反映されやすく、元々動物の臭いがある肉を食べるとその分体臭も悪臭となってしまうのです。

私自身も元々汗をかきやすい方なので、普段からなるべく肉を食べない様な食生活を心掛けています。それでもたくさん汗をかいた時は汗の臭いが発生してしまいますがお肉をたくさん食べていた時代よりも臭いのきつさが弱くなったと感じています。

またお肉以外ではチーズやバターといった脂肪分の多いものをたくさん食べると体臭がきつくなってしまうそうです。お肉と同時にそれらの食べ物に気を付ける必要があると思います。

食生活に気を付けるといったそんな簡単なことだけで臭いが減るのかと思われる方もいるかもしれませんが、食べたものというのは非常に体に反映されやすいのです。騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか。特に薬等を使う訳でも無いのでお金はかかりませんし、食生活の乱れを直すのにも良い方法ですのでやってみる価値はあると思います。

体臭は身体の毒素が溜まっている証

汗をかいた時に悪臭がする場合、それは食べたものや身体の中の汚れを意味します。

肉食が多かったり、脂っこい料理や乳製品を多く食べる人に表れる症状です。

身体の中が酸化しているので、体臭が臭くなるのです。

また糖分を過剰に摂りすぎるのも原因のひとつです。

血液の汚れ、すなわち体内に溜まった毒素を排出出来ずにいると、汗をかいた時に悪臭として毒素が排出されます。

普段から和食を中心とした食生活を心掛けたり、抗酸化作用のある新鮮な野菜や果物を多く摂取する事が大切です。

そして適度に水分を補給して、尿や便、汗として常に身体から毒素を排出する事も必要です。

身体の中がきれいになると、汗をかいても無臭です。

また、いくら身体に良い食事をしても、お腹いっぱいに食べると消化器官に負担をかけてしまうので、血が汚れてしまいます。

せっかく質の良いものを摂取しても、何の効果もないという事になりますので、腹八分目を目安にしなければいけません。

シャワーだけで済ませずにしっかりと入浴をしたり、毎日30分程歩いたりといった運動も生活に取り入れると、血行が良くなるので毒素排出機能が高まり、冷えている状態よりもデトックス効果が高くなります。
その結果、体臭もなくなってくるという訳です。

臭わないさわやか汗をかく方法

悪臭の汗をかかない方法として、三つ紹介したいと思います。

一つ目は、辛いものなどの刺激物をあまり摂取しないこと、です。汗の臭いの原因物質を含むにんにくは言わずもがな、唐辛子や香辛料を使った料理を食べるのも控えた方が良いです。これは、辛い料理を食べると発汗作用が高まり、大量の汗をかくことで雑菌が繁殖し、汗が臭くなるためです。

二つ目は、過度のアルコール摂取を控えること、です。大量のアルコールが分解されると、代謝物であるホルムアルデヒドが体中に溜まって、それが汗の臭いをきつくしてしまいます。

三つ目は、お風呂のお湯に、クエン酸をスプーン一杯分溶かして入る方法、です。クエン酸は薬局で誰でも買うことができます。クエン酸を溶かしたお湯には殺菌作用があり、肌の表面を弱酸性に保ち、雑菌繁殖を抑えてくれます。その結果、汗の臭いが抑えられます。

さらに、汗が臭う人はクエン酸が不足しており、体内でエネルギーを生み出すときに、汗の臭いを強める物質が作られてしまっているそうです。肌からも直接クエン酸を取り込むことにより、不足したクエン酸を補い、臭い発生の原因物質の生産を抑えることができます。お風呂上りに、クエン酸が含まれた飲み物を飲めば、臭い対策は万全でしょう。

腸内からにじみ出る臭い汗

まず汗は主な体臭の原因であり、体臭予防がそのまま汗の悪臭を抑えることに繋がることも多いです、体臭の原因は睡眠不足や運動不足からくる新陳代謝の悪化、野菜不足や極端に辛い物を食べるなどの食生活が主な原因。

しかし中には、内臓の不調が原因で汗が悪臭を放つことも有り、その中の一つが便秘です。

腸内で発生したガスは、そのまま腸壁から吸収され、老廃物として血液に運ばれて体中を循環、悪臭とともに汗として分泌されます。

便秘になれば腸壁から吸収されるガスは多くなり、その分汗の臭いが悪化する。

これが便秘が汗に影響を及ぼすメカニズムです。

適度な運動や、肉などのタンパク質中心から野菜中心の食生活にするなど。

体臭予防と便秘の解消には似通った部分が多いので、体臭予防に気をつけていれば、便秘も自然と解消されやすいです。

便秘になんてなったことがない、という人でも、腸内に長々と居座っている宿便が、ガスを発生させて汗の臭いを悪化させている可能性もあります。

体臭予防のついでに、水分をこま目に取ったり、食事の中心にする野菜も、トウモロコシやゴボウなど、食物繊維が特に豊富な野菜にするなどして、腸の調子を整えることで、体臭が改善されていくことも、少なからず有ります。

繰り返しになりますが、水分摂取や取る野菜の選択は、体臭予防のついでにできることなので、とりあえずやっておいても損は有りません。

食生活に留意することが大切

決してワキガに悩んでいるわけではないのですが、油断するとなんだかワキの汗が匂ってしまって困るという時があります。

手軽な消臭スプレーやロールタイプの消臭剤などで対処するのも良いと思いますが、クサいものにふたをする的な対処ではなくて根本的に匂わない汗をかくためにできることがあります。

それが食生活です。

ウインナーなどの加工肉、それからハンバーグや焼売、牛丼などのレトルトの肉製品を続けて食べていると、てきめんに汗が臭くなります。

また、タコス味やチーズ味などのチップス類のお菓子もダメです。

それから、カレーなどのスパイスが強くきいている食品も汗を悪臭にしてしまいがちです。

これらの食品をできるだけ控えて、できれば野菜中心の淡白な食生活を送ると汗の匂いが軽くなります。

やはり肉や乳製品、加工食品、スパイスなどは避けておくことが大切なのです。

効果を確認するには、半身浴をしてみることをおすすめします。

最初のうちはべたべたする感触の汗をなめると苦いような濃い味がしますが、適度に水分を取り野菜中心の生活をしてお風呂でしっかり汗を流してくと汗はさらさらして味もなくなります。

普段から老廃物を溜めずに排出しておくことも、きれいな汗をかくためのポイントです。

汗をかきにくいようにするには

暑くなると汗が出ます。皆さんそうだと思います。汗をかきにくくする方法はあるのでしょうか。

ヒントは動いていながらもあまり汗をかいていない人々を観察する必要がありますね。

アスリートはどうでしょう。運動量もすごいのでかなりの汗をかいています。では工事現場などで働く人はどうでしょう。炎天下の中で作業をしているのですごく汗をかいていますね。

わかりますでしょうか。酷な環境下では必ず汗をかいてしまうのです。いえ、汗をかかない方がおかしいのです。

汗をかきにくくする方法のひとつは塩分を控えることを心がけることです。塩分が体内に多いと水分を保水しやすくなるので、体水分量が多いと汗を多くかきます。

しかし、体にはあまりよくないのでやり過ぎは注意しなければなりません。

汗染みの目立ちにくい服装に替えるのもひとつの方法ではないでしょうか。

冷凍庫を活用、汗をかかない必殺技

汗っかきは遺伝です。長時間炎天下にいると汗がにじんで来るのは脈々と受け継がれていく我が家の遺伝で、あきらめています。

今はどこもクーラーが効いているので、どこかに入って少し涼んでいれば汗は引きます。

つまり、家から駅まで汗をかかずにいれば電車の中は冷房がんがんなので大丈夫、どなたかと会う約束の場所も絶対クーラーが効いてる訳です。

汗は一瞬で出てくるのではなく(そういう場合は多分病気です)、体温が一定に上がった後汗になって出てくるので、体温の上昇を遅らせるのがかぎです。

そのために有効なのは、スリップを冷凍庫で凍らせるという技です。ブラやショーツは避けたほうが良いです。

あまりに身体に密着する物だと身体を冷やしすぎ、トイレに直行という事になります。

スリップなら身体に密着しすぎず、冷えたスリップは身体を程よく冷やして、体温が上がるのを遅らせてくれます。スリップは体温で15分ほどであたたまりますが、一旦冷やされた体の体温の上昇はゆるやかになります。

ずっと汗をかかないのは無理ですが、さわやかに汗をかくのを1時間以上遅らせる技です。

冬でも汗をかいていた私の汗対策

前の職場は大きなオフィスだったので、空調の管理が難しく、夏は冷房がガンガンで寒い、冬は暖房がきいてのぼせるという環境でした。

元々汗かきな体質ではなかったのですが、この環境の中で、汗をかいてしまう事が多くなったので、私なりの対策をしました。

暑くて汗をかくのは当たり前なのですが、クーラーの中にいる事で汗をかく事がなくなり、代謝が悪くなったので、家では何るべくクーラーを付けない。そしてきちんと湯船に浸かって汗をかくようにしました。

老廃物をきちんと出す事でじめっとした汗をかかなくなりました。

食生活が乱れて、太ってしまった時も汗をかきやすくなりました。

なのでタンパク質をバランスよく食べる生活にかえて体重を落とし、適度な運動で代謝をアップさせました。

すると脇汗は気にならなくなりました。

汗をかかないための対処法

わたしはどちらかというと汗かきなので、特に夏場の汗には気を遣っています。

汗をなるべくかかないようにするために、水分を必要以上にとりすぎないよう心掛けています。

水分をたくさんとった後にはかならず大量に汗が出るので、この水分摂取量を調整することが汗をかかないためのポイントだと思います。

わたしの場合は食事中によくお茶を飲むことが多いので、それをひかえめにするようにしました。

すると食後にかく汗の量が少し減ったんです。

スポーツ飲料などのジュースも暑い日にはがぶ飲みしたくなりますが、飲みたい場合は1回に少量ずつ口に含む程度にしています。

それから、顔や頭からの汗も化粧崩れの原因になって嫌なので、暑い日には首の周りを冷たいタオルなどで冷やすことにしています。

首を冷やすと、思った以上に顔や頭からの汗が抑えられるのでおすすめです。