汗っかきは遺伝です。長時間炎天下にいると汗がにじんで来るのは脈々と受け継がれていく我が家の遺伝で、あきらめています。

今はどこもクーラーが効いているので、どこかに入って少し涼んでいれば汗は引きます。

つまり、家から駅まで汗をかかずにいれば電車の中は冷房がんがんなので大丈夫、どなたかと会う約束の場所も絶対クーラーが効いてる訳です。

汗は一瞬で出てくるのではなく(そういう場合は多分病気です)、体温が一定に上がった後汗になって出てくるので、体温の上昇を遅らせるのがかぎです。

そのために有効なのは、スリップを冷凍庫で凍らせるという技です。ブラやショーツは避けたほうが良いです。

あまりに身体に密着する物だと身体を冷やしすぎ、トイレに直行という事になります。

スリップなら身体に密着しすぎず、冷えたスリップは身体を程よく冷やして、体温が上がるのを遅らせてくれます。スリップは体温で15分ほどであたたまりますが、一旦冷やされた体の体温の上昇はゆるやかになります。

ずっと汗をかかないのは無理ですが、さわやかに汗をかくのを1時間以上遅らせる技です。



このページの先頭へ