冬に汗をかくほど体を動かす事って少ないのに、なんで汗は季節に変わりなく出てくるのかな?と不思議に思う事があります。

汗をかくのは、体の体温を調整するためや汗から出るホルモンで異性を引きつけるためなど、いろんな理由がありますが出来れば汗をかきたくないと思ってしまいます。

特に脇の汗はかきたくないですね。

昔の汗をかかないための対策は、日常でドレスを着ていたヨーロッパなどでは、汗を止めるために胸の部分をコルセットできつく締めて、わきの下を圧迫することで汗をかきにくくしていました。

それは、乳首の上のあたりから脇までの場所に汗を止めるツボがあるからです。

この部分を両手で押すとその間は汗をぴたっと止めることができます。他のツボは、脇の下にある肋骨部分を握りこぶしでぐいぐい押してみると効果が現れます。



このページの先頭へ