多くの人は、汗をふく場合、乾いたハンカチやタオルを使います。でも、臭い防止を考えるなら、乾燥したタオルやハンカチではなく、固く絞ったぬれタオルでふくほうがよいのです。

なぜなら、臭いの原因は、皮膚に残った雑菌。乾いたタオルやハンカチは、汗の水分を吸収することはできても、臭いの原因になる皮脂や他の成分は取りきれないからです。皮膚に残った成分は、時間とともに雑菌を繁殖させ、臭いとなってあらわれます。しかし、ぬれたタオルならば、水分だけでなく皮脂汚れも取り除くことができるので、時間がたっても臭いがしません。

もちろん、塗れタオルのほうがさっぱりするという効果もあります。

また、かいたばかりの汗は無臭です。ですから、汗をかいたらできるだけ早くふき取ることも汗の臭い防止には効果的です。汗対策には、れっきとした根拠があったのです。この方法を日常生活に取り入れるようになってからは、ワキガもあまり気にならなくなったという人も。

身近にあるものを使って手軽にできるので、無理なく続けられます。トイレに入ってぬれタオルでワキなどをふくとすっきり。あとは洗って、また密封袋に入れておけばいいだけですから、ものすごく簡単です。冬場でも、汗をかくような場所に出かけるときは携帯するように。

ただし、使ったタオルを何回も繰り返し使うのはよくありません。タオルそのものに臭いがついてしまうので、それで汗をぬぐっても、むしろ逆効果。使ったら、水洗いしてから密封袋に戻すことをお忘れなく。



このページの先頭へ