これから人と会うのに顔汗がだらだら。そんなときは、一時的に胸を強く圧迫すると、顔の汗を抑えることができます。人の体には、圧迫されている側は汗の量が減り、反対側は汗の量が増える「皮膚圧発汗反射」というバランス機能が備わっています。

例えば、右半身を下にして寝ると、左半身に汗をかきやすくなるのがそれです。この機能を応用し、上半身を強く圧迫することで、顔の汗をコントロールして化粧崩れを防ぐことができます。舞妓さんが帯を胸で強く締めているのは、それによって顔の汗を抑えるためだといわれています。         

ですが、これはあくまで応急的な方法で、下半身は逆に汗の量が多くなります。
 








このページの先頭へ