暑いときにかく汗は、全身のエクリン腺という汗腺から出ます。

この汗は、通常は水分が主成分なため水のようにさらさらでにおいがなく、小粒で蒸発しやすいのが特徴です。これがよい汗です。ところが、汗をかかずにエクリン腺の機能が低下すると、水分以外の成分が多く出るためベタベタする、大粒の汗をかくようになります。これは悪い汗です」

悪いヽ汗は蒸発しにくく、体温が下がりにくいためさらに汗をかくという悪循環をもたらします。また、悪い汗はミネラルを多く含むため、大量にかくと夏パテや熱中症の原因にも。アンモニアなども多く、においも強くなります。

「汗の悩み解消にはよい汗をかけるようになることが大事なのです」一方、わきなど局所のにおいはアポクリン腺という別の汗腺の汗が原因です。この汗腺は数に個人差が大きく、多い人のみが、いわゆるワキガ体質とされます。




このページの先頭へ