水分は熱いお茶と炭酸水でとる(よい汗に変えるための生活習慣)


冷たい飲み物を飲むと、口と喉にあるセンサーが冷たさに反応して一瞬汗が止まりますが、体温は下がっていないため、結局さらに汗をがく原因になってしまいます。 飲み物は、夏でも温がいものを飲むようにしましょう。運動後の水分補給にはミネラル炭酸水を。疲労物質である乳酸を炭酸が中和してくれます。

乾布摩擦すると汗腺機能がアップ(よい汗に変えるための生活習慣)


乾布摩擦にも汗腺を鍛える効果があります。乾いたタオルで、手、腕、足、すねなどの皮膚を、毛の流れの方向に摩擦します。 熱いと感じるまで行うと、血行が促進されて汗が出やすくなります。自宅ではもちろんのこと、冷房が強いオフィスなどでは汗をかけないので特におすすめです。

肉中心から野菜中心の食生活に(よい汗に変えるための生活習慣)


動物性たんぱく貿や動物性脂肪の摂取量が多いと、汗腺がら出る油脂成分が増えて体臭が強くなります。 おすすめの食材は、発汗を促すしょうがや、根菜類など体を温める野菜。大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た作用が期待でき、汗の出方を調節するため更年期多汗症の方におすすめです。

冷房の温度は外気と-5℃以内に(よい汗に変えるための生活習慣)


人の体は脳と皮膚で温度を感じていますが、急な温度変化に直面すると、皮膚で感じる温度が優先されて汗の量が調節されます。 暑い屋外がら冷房で冷えた部屋に入ると汗が止まるのはそのため。本来は体温調節のためにがくべき汗が止まってしまうため、汗腺が衰える原因になります。



このページの先頭へ