コーヒーには消臭効果のある成分が含まれ、焙煎した豆自体も臭いを吸収しやすいという性質をもっています。またコーヒーを入れたあとの粉も、消臭剤として使うことができます。

まず使い終わったコーヒーの粉を、新聞紙に広げて天日干しして、しっかり乾燥させます。粉がサラサラに乾いたら、布製の袋や小さな容器に入れて下駄箱や冷蔵庫、押し入れやクローゼット、トイレなどに置きましょう。コーヒーの脱臭パワーが気になる臭いを消してくれます。靴やブーツの消臭対策にもおすすめ。コーヒーの粉が完全に乾いていないと、カビが生えることもあるので、気をつけて。

灰皿の底にコーヒーの粉を敷くと、タバコの臭いか軽減されます。その他、生ゴミに振りかけたり、ペットのトイレの消臭剤に使うなど用途はいろいろあるので、コーヒーの粉を捨てる前にぜひ試してみてください。




このページの先頭へ