においに汗じみ、何かと悩みの種になる汗。そもそも、人はどうして汗をかくのでしょうか。

「それは、気温の変化に関係なく体温を一定に保つためです。暑かったり、運動して体温が上がったりすると、人は汗をかき、それを皮膚のhで蒸発させることで体熟を外に逃がします。ところが、最近は至るところに冷房が普及し、夏でも汗をかかずに過ごす時間が長くなりました。このため、体温調節という大切な役割を果たす汗腺、いわゆる能動汗腺の数が減少し、上手に汗をかけない人が大変増えています」

本来、汗の成分はほとんどが水分ですか、汗腺機能か低下すると、ミネラルやアンモニアなど、水分以外の成分がより多く汗の中に含まれるようになります。このため、汗腺が衰えるとミネラルが多く失われ、夏パテしやすくなります。またアンモニアが多く含まれると、汗のにおいも増してしまいます。




このページの先頭へ