お尻に大量の汗をかくということで悩まれている方もいると思います。

原因としては、多汗症であることが考えられます。

多汗症は、不安・緊張などのストレスによって交感神経がおかしくなって、汗がエクリン腺より余計に放出される病気です。
お尻の制汗対策としては、まず制汗剤を使ってみましょう。

例えば、皮膚科でも使用されている主成分が塩化アルミニウムの制汗剤は、制汗に効果的で臭い対策にも効果があります。
制汗剤以外の方法としては、ミョウバン水をおすすめします。

ミョウバンは、ベーキングパウダーなどに食品添加物として使用されているために安心です。

ミョウバン水の作り方についてご紹介しましょう。

焼きミョウバンを食料品売り場などで探してください。

50グラムの焼きミョウバンに対して、1.5リットルの水を入れます。

容器としては、ペットボトルなどが適していますね。

二、三日間、涼しい場所に置いておいて、きれいに溶けるとミョウバン水の原液が完成です。

使う場合は、この原液を20~50倍くらい水に薄めて、直接肌に塗ります。
保存する場合は、冷蔵庫に入れておきましょう。

敏感な肌の方は、さらに薄めた方が良いかもしれません。

是非、試してみましょう。

このミョウバン水は、症状が一時的に改善するもので、根本的に症状が改善するものではありません。

また、個人によって効果は違ってきます。

症状が良くならない場合は、内科的な病気が原因の可能性もあるので、内科を受診することをおすすめします。




このページの先頭へ