胸部の臭いを覚えるのは、実は他の人ではなくて自分自身であることがほとんどです。

というのは、胸部のすぐ上にある鼻が、一番多くの臭いを取り入れることができる体の部分であるからです。
では、どうして胸部の臭いがするのでしょうか?

胸部の乳腺の部分には、多くの汗腺があることが知られています。

つまり、誰でも胸部は多くの汗をかくので臭いの原因になることがある部分なのです。

そのため、胸部の制汗対策としては、シートなどで身体の汗をふきとって処置を行うことが賢い方法と言えます。

その他、汗の臭いがシャツやブラジャーからすることがあります。

ブラジャーの場合は女性だけですが、最悪の場合はブラジャーを交換するより方法がないこともあります。

というのは、複雑な構造のブラジャーのような衣服は汗の臭いが一度付いてしまうと、なかなか消臭スプレーなどでも臭いが取れないからです。

その理由は、奥深くの生地まで菌が入り込んでしまい、外部からの対策ではどうしようもできないためです。

こうなると洗濯する必要があります。

シャツの場合は、男性女性関係なく臭うということになります。

簡単に着替えができるので、いつもシャツの変えを用意しておくことで対応できます。

この際、胸の汗を取り去っておけばさらに効果的です。

もし、この際、胸の汗を取り去っておかなければ、時間が少し経つとシャツからまた臭いがし始めます。

これはきれいなシャツをせっかく着ても、胸に残った汗がまたシャツに付着するためです。




このページの先頭へ