どうして自分は汗かきなのだろう、と考えたこともあると思います。

自分の意思で汗はかくのではないため、汗をかかないようにするのは無理だと考えるかもしれません。

しかし、汗をかかないようにするために可能なことは様々あります。

一般的に、体の内側から体温を冷やすことは思ったよりも効果があります。

寒い季節にも多汗症の人は汗をかく場合があるため、体温は無関係と考えるかもしれませんが、交感神経のために体の一部が熱くなったりします。

汗が頭から大量に出ている人の場合には、冬の寒い日でも頭の髪の毛の中が熱くなっていることが分かる程になるそうです。

このような頭の制汗対策を行う場合には、リンパ節を冷却することがおすすめです。

処置は応急的なものですが、一般的な制汗剤やタオルなどの制汗対策よりも非常に大きな効果があります。

この理由は、リンパ節を冷却することで体の中の血液が冷却されるからです。

制汗対策を行うために冷却すべき箇所のおすすめは、首の横や後ろ、脇、鎖骨の下です。

それ以外にも、脚の付け根、膝の裏なども効果が期待できるようですが、やはり人がいるところとでは実践するのは難しいのではないでしょうか。

一番いいのは氷で冷却することですが、屋外で行うなら缶ジュースなどを購入する際にできるだけ冷えたもので首の付近に押し当ててみる方法がいいです。

効果は人によって異なると思いますが、汗も出にくくなりやすいし、メンタル的にもリラックスできます。




このページの先頭へ