顔の多汗症というのは、多汗症の中でも脇などとは異なって隠せないものです。

人前で話をする際や緊張している際に、大量の汗を顔にかくと、他の人の視線を感じてメンタル的にも厳しくなってさらに汗をかくようになります。

顔の多汗症は、「温熱性発汗」のように空気の温度が上昇する際に汗が出るのではなく、ひとつの「精神性発汗」で汗がメンタル的な緊張のために出るものと言えます。

体には、全身にエクリン腺と言われる汗腺がありますが、このエクリン腺には密度が薄い箇所と濃い箇所があります。

特に顔の額の箇所は、その中でも一番エクリン腺の密度が濃い箇所です。

そのため、特に顔の額には汗を大量にかきやすく、多汗症の症状が出やすい箇所なのです。

このような顔の多汗症で、一時的に制汗対策ができる方法があるようです。

この方法というのは、緊張した時や暑い時、スポーツなどを行った時に、一時的に顔にかく汗を抑える場合に使用する方法です。

方法としては、強く胸の乳輪付近を圧迫するものです。

汗は、圧迫している箇所の汗が少なくなって、その反対側が多くなる特性を持っているようです。

この特性を使って体の上部を圧迫すると、顔などの汗が少なくなって、逆に体の下部が多くなるわけです。

そのため、顔の多汗症の制汗対策としては、胸を紐などで縛って圧迫すると良いそうです。

しかし、この方法は基本的に汗を一時的に抑える方法のために、効果はそれほど長くは続かないということになります。




このページの先頭へ