重曹(炭酸水素ナトリウム)をプラスして衣服を消臭(におわない洗濯法)


洗濯しても落ちない衣服のにおいには、重曹(炭酸水素ナトリウム)が効果的です。 冷蔵庫の消臭剤などとして昔から使われてきた重曹(炭酸水素ナトリウム)は、汗のにおいの大半を占める酸性の成分を中和して消臭する働きを持っています。 また、水に溶けると、アンモニアなどのアルカリ性のにおいも消臭。湿らせた布に重曹(炭酸水素ナトリウム)をひとつまみつけ、においが気になる部分を叩きます。 また、汗じみに重曹(炭酸水素ナトリウム)をもみ込んでから洗濯すると、スッキリ落とすことかできます。

汗ムレを防ぐには機能性繊維(におわない衣装選び)


汗のにおいを抑える理想的な衣服は、通気性かよく、吸水性と速乾性があること。素材で見ると、綿やシルクなどの自然繊維は、通気性かあり汗もよく扱いますか、乾きにくいという弱点か。 一方、ポリエステルなどの化学繊維は、速乾性には優れるものの吸水性が悪く、どちらも一長一短です。おすすめは最近話題の機能泄衣類。特殊な繊維を使うことで、吸水性と速乾性を両立させ、ムレにくく、汗も蒸発しやすくなります。



このページの先頭へ