汗が気になると自信もなくなり、体臭も不安になってしまいますが、一日の始まりにちょっとしたことをするだけで簡単に汗を抑える方法があります。

それは体をキンキンに冷やしきってしまうことです。具体的には朝起きてすぐに水のシャワーを浴びるか、バスタブに溜めた水風呂に入ります。

寒くて我慢できなくなるくらいにいったん体を冷やし切ると、汗を長時間抑えることができます。

朝一で体を冷やしてしまえば、その後しばらくは汗を気にする必要がなくなります。

朝、家を出てからしばらくの時間はたいてい通勤・通学の時間になりますから、朝一のタイミングで発汗を抑えることができれば、あとはオフィスに着くなり、学校に着くなりして、再度体を冷やすことができるので、さらにしばらくは汗を抑えることができます。




このページの先頭へ