汗をかくと汗臭くなってしまって気になる方は多いと思います。暑い時に運動やお仕事をしたら汗が出るのは当たり前です。ですが、その汗が異様に臭いのは問題です。周りの人達にも迷惑がかかりますし、変な噂をたてられてしまうこともあるかもしれませんので注意しておきたいものです。なぜなら、本来汗というのは無臭だからです。

悪臭の汗が発生する原因として、皮膚についた汗を放置することによって皮膚常在菌が繁殖してしまうということがあげられます。これを防ぐためにはデオドラント製品などを使ってあげるのも効果的ですが、基本的には汗をかいたら小まめにタオルで拭いてあげること。日ごろからきちんと入浴、シャワーで清潔にしておくことが大切です。

その他にも汗の悪臭の原因として内側からくるものも大きいです。実際に口から体内に取り込むものによって、体から放出される臭いも変わります。例として、ドラッグなどの常習者からはちょっと変わった悪臭がするとも言われています。肉に偏った食生活では汗が臭くなるとも言われていますが、脂肪分によって皮脂量も増加しますし、肉を食べることによって汗の量も増えます。食べ物を野菜中心のものに変えると体臭も少なくなるし健康的で一石二鳥です。



このページの先頭へ