お肉や脂肪分の多いものを食べると体臭がひどくなるそうです。昔、忍者は自分の体臭で存在に気付かれることが無い様に決して体臭が強くなる肉は食べることが無かったと言います。この話にもある様に、食べたものの臭いはそのまま体の臭いに反映されやすく、元々動物の臭いがある肉を食べるとその分体臭も悪臭となってしまうのです。

私自身も元々汗をかきやすい方なので、普段からなるべく肉を食べない様な食生活を心掛けています。それでもたくさん汗をかいた時は汗の臭いが発生してしまいますがお肉をたくさん食べていた時代よりも臭いのきつさが弱くなったと感じています。

またお肉以外ではチーズやバターといった脂肪分の多いものをたくさん食べると体臭がきつくなってしまうそうです。お肉と同時にそれらの食べ物に気を付ける必要があると思います。

食生活に気を付けるといったそんな簡単なことだけで臭いが減るのかと思われる方もいるかもしれませんが、食べたものというのは非常に体に反映されやすいのです。騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか。特に薬等を使う訳でも無いのでお金はかかりませんし、食生活の乱れを直すのにも良い方法ですのでやってみる価値はあると思います。



このページの先頭へ