汗をかいた時に悪臭がする場合、それは食べたものや身体の中の汚れを意味します。

肉食が多かったり、脂っこい料理や乳製品を多く食べる人に表れる症状です。

身体の中が酸化しているので、体臭が臭くなるのです。

また糖分を過剰に摂りすぎるのも原因のひとつです。

血液の汚れ、すなわち体内に溜まった毒素を排出出来ずにいると、汗をかいた時に悪臭として毒素が排出されます。

普段から和食を中心とした食生活を心掛けたり、抗酸化作用のある新鮮な野菜や果物を多く摂取する事が大切です。

そして適度に水分を補給して、尿や便、汗として常に身体から毒素を排出する事も必要です。

身体の中がきれいになると、汗をかいても無臭です。

また、いくら身体に良い食事をしても、お腹いっぱいに食べると消化器官に負担をかけてしまうので、血が汚れてしまいます。

せっかく質の良いものを摂取しても、何の効果もないという事になりますので、腹八分目を目安にしなければいけません。

シャワーだけで済ませずにしっかりと入浴をしたり、毎日30分程歩いたりといった運動も生活に取り入れると、血行が良くなるので毒素排出機能が高まり、冷えている状態よりもデトックス効果が高くなります。
その結果、体臭もなくなってくるという訳です。



このページの先頭へ