悪臭の汗をかかない方法として、三つ紹介したいと思います。

一つ目は、辛いものなどの刺激物をあまり摂取しないこと、です。汗の臭いの原因物質を含むにんにくは言わずもがな、唐辛子や香辛料を使った料理を食べるのも控えた方が良いです。これは、辛い料理を食べると発汗作用が高まり、大量の汗をかくことで雑菌が繁殖し、汗が臭くなるためです。

二つ目は、過度のアルコール摂取を控えること、です。大量のアルコールが分解されると、代謝物であるホルムアルデヒドが体中に溜まって、それが汗の臭いをきつくしてしまいます。

三つ目は、お風呂のお湯に、クエン酸をスプーン一杯分溶かして入る方法、です。クエン酸は薬局で誰でも買うことができます。クエン酸を溶かしたお湯には殺菌作用があり、肌の表面を弱酸性に保ち、雑菌繁殖を抑えてくれます。その結果、汗の臭いが抑えられます。

さらに、汗が臭う人はクエン酸が不足しており、体内でエネルギーを生み出すときに、汗の臭いを強める物質が作られてしまっているそうです。肌からも直接クエン酸を取り込むことにより、不足したクエン酸を補い、臭い発生の原因物質の生産を抑えることができます。お風呂上りに、クエン酸が含まれた飲み物を飲めば、臭い対策は万全でしょう。



このページの先頭へ